SEAN飲み方

日本酒のマナー

2019.12.19

知っておきたい!日本酒のマナー

日本酒のマナー

お酒を楽しむとき、マナーも知っておくと大人のたしなみ方ができますよね。
“美しい”酒の注ぎ方・受け方を知っていますか?
この作法を知っておくと、いざというときに役に立ちますよ。

注ぎ手

相手に酒をすすめる目安は、相手の酒が杯の3分の1以下になってから。相手が飲んでいる最中や、酒が十分に入っているうちはすすめないのがマナー。女性が注ぐときや相手が目上の場合は、徳利を右手でもち、右側にいる人に手首を返して注ごうとすると、右手の甲が下向きになります。この注ぎ方は「逆さ注ぎ」という無作法になるので注意。

受け手

酒を勧められたら、杯に残っている酒をひと口飲んでから杯を差し出します(飲み干す必要はない)。女性が受けるときや相手が目上の場合は、片手で杯を軽く持ち、もう片方の手の指先を杯のそこに添えます。注いでもらったらすぐ卓上の杯を置かず、その場でひと口飲むのがマナー。相手の杯が空いていたら、返礼のお酌をしましょう。

マナー違反例

覗き徳利:徳利の中をのぞいて、酒が残っているかどうかを確認すること

併せ徳利:少しずつ残っているお酒を集め、1本の徳利にまとめると、温度や味に影響します

杯いっぱいに酒を注ぐ:相手へのサービスのつもりでなみなみと酒を注ぐこと

振り徳利:徳利を振って中身が残っているかどうかを確認すること。熱燗の場合中身が冷えてしまいます

卓上の杯に勝手の注ぐ:相手の酒をすすめるときは必ず声をけるのがマナーです

SEAN TOP
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: アクセストークンが無効か、有効期限が切れています。 フィードは更新されません。

(c) OSAKE All Rights Reserved.

OSAKEロゴ